top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

RPAによる自動見積を開始しました。

文句も言わないで、RPAは働いてくれます。ホームページでも単価問い合わせがたまにあるので、ざっくり単価を私がいなくてもメールしてくれるロボット君を作りました。結構、忙しい時は、こちらで入力してもらえるとありがたいです。トラックの輸送に関してはなかなかRPAとはいきませんが、事務処理ならばほとんどがRPAでいけますね。なんといっても、24時間365日お盆正月関係なしで動くんですから、最終的に後日どうでしょうかという電話をかける必要はあると思いますが、とりあえずのたたき台を提出できます。前回も紹介した配送のRPAは、まだ動いていますが、月末の大イベントがありまして、前月分をコピーして来月分を当月分のシートに張り付け、それも顧客が入力したシートなのでなくなりましたは言えません。ですのでコピーをとりあえずとっておいてイベントに備えました。結果、不具合が1つ出ましたが、データは大丈夫でした。ということで何とか大イベント完了です。来月もちゃんと動いてくれよな!!RPA君 というような感じで日々業務の自動化に邁進しています。こうなるとパソコン壊れるとと思う人がいると思います。でもクラウドなのでグーグルが不具合を起こさない限りはないと思います。実際に当社のデータはほとんどがグーグルに入っているので、ネットにつながったパソコンがあればIDとパスワードでどこからでも見れます。ここで大事なのが、IDとパスワード、誰のかわからないパソコンで入力し記録してしまうと、そのパソコンから誰でも見れちゃうので注意です。その時はグーグルのシークレットモードを使うと便利です。注意してください。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私が自力で作成した位置情報取得モジュールとgoogle cloudを活用した動態管理

最近動態管理等の商品がよく出ています。実は10年前から自力でGPSモジュールを作成し、その信号をgoogle cloudに記録できないか勉強してきました。その結果7年ほど前から自社の位置情報システムを利用しています。自社でやるといろんなことができる。なぜか?それは、GPS衛星からの返された信号をすべて取得、位置、時間、海抜、進行方向、速度等です。これがすべて会社で取得できたら、凄いでしょう。この信

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

Comments


bottom of page