物流のデジタル化

 

他社とは違う輸送サービス(ICT・RPA化)について

  1. ロボットによる事務処理の効率化

  2. ファックスをデータベース化

  3. google spreadsheetを客先とクラウド共有

  4. RPAで車両の位置を管理しながら指示を自動化

  5. メール、カレンダーをRPAが24時間監視で自動通知

  6. 位置情報を利用した緊急時の対応

  7. アンドロイドタブレットの利用

  8. IoT機器の導入

  9. 効率化、安全につながるアイテムの導入

  10. ​LINEアプリによる情報配信

​自社アプリの利用

各種点検、地図アプリ

​パソコン、タブレット、IoTの利用

IOT機器を最大に利用

 

google ドライブの共有

ファックスおよび客先からのメールの添付書類はRPAが自動でgoogleドライブに保存し、その他ドライブ内のスプレッドシートやドキュメント,PDF,写真等をドライバーと共有しています。また、セキュリティーにおいては、携帯端末に暗証番号を入れないと開けないので勝手に他人が見ることはありません。紛失、置き忘れをしてもGoogleのセキュリティー機能を利用して遠隔操作で自動ロックや携帯端末の初期化ができるので安心です。

輸送サービス内容

RPAによる時間の効率化

​自社のアプリ開発

車両位置と修理会社、客先、当社の利用スタンド、タイヤ修理会社等を地図で選択表示し、故障やパンク等において、一番近い施設を検索、経路も検索して到達時間も確認できます。スピード修理、時間を削減、緊急事態を敏速に対応し、夜間においても緊急アプリを送信することで、RPAロボットが365日24時間体制で管理、マナーモードの管理者スマートフォンに最大音量で連絡します。また、初心者のドライバーでも客先の位置が登録されたアプリを利用して、場所を確認し、ベテランドライバーとほとんど変わらない時間で到達できます。
 

FAXおよびメールの添付書類管理

GoogleのAIを利用することで過去のファックスを検索し、地図や重要書類を取り出すことができるため、ファックス等を紛失することはありません。また、過去にいただいたことがある地図等は、検索して出力できます。その書類等をそのままドライバーへメールに添付して送信できるので、ペーパーレス化を促進、環境にも優しい取り組みをしています。下請け会社に地図や書類を探してファックスを流す面倒な時間と経費を削減できます。

スマーフォンによるGPS管理

GPSの位置情報を利用して、位置管理をしています。スマートフォンより、緯度経度、走行速度の取得と記録、積み込み先を連携させ、注意事項を連絡し、google driveの共有書類を表示します。また、速度オーバーを取得した時点でRPAがドライバーと管理者に注意喚起します。ドライバーの緊急連絡においても、車両に乗り込んで走り出したらすぐに自動で会社に連絡するようにプログラムされているのでドライバーが作業している時は手を止めず、事務所は作業をして電話を待つだけなので効率アップ、互いのイライラを解消し、気持ちよく、無駄なく仕事ができます。
 

Tasker​を利用したタブレットの遠隔機能を利用し、自動で地図を表示したり、ドライバーに音声で注意喚起したり、アプリを自動で開いたりすることで、スマートフォンを使ったことがない人でも地図や電子書類を見るせることができます。この機能を利用して、ドライバーには向かう方向のみ伝えて走行させ、走行中に端末に伝達書類または地図を表示させることで、目的地の地図を探す時間、書類が届くまでの待ち時間を削減、起動した地図にナビ開始のボタンを押すだけで目的地に到達、客先への到達時間も削減し、お客様の貴重な時間を大切にします。また、出発時、日常点検結果を音声で送り返したり、位置情報を利用して注意事項を自動でしゃべらせたりして、事故や苦情を減らしています。渋滞情報や、場所の共有もボタン一つで全員に送信できるアプリもスマホに導入しています。また、この機能が動作しているかを常にサーバーへ記録しています。この機能を動作させるタイミングはすべてRPA(ロボット)が制御しています。

IoT機器の導入で、ドライバーへの通知や監視をRPAによる自動化、社員連絡をスムーズに行い、無駄な時間(経費)を削減します。事務所内でもIOTを使用して、客先からの新着メールを音と光、通知ありの旗で通知することで、確認忘れを防ぎ、客先の負担を軽減します。ドライバー用の機器には、簡易アルコールチェックも搭載されているので、飲酒の抜き打ちチェックにも利用しています。

ファイルアップロードサービス開始

ご利用は当社までお電話ください。

ファイル転送

もうメールは不要です。当社のクラウドに直接 アップロード

Google サイト を使った情報共有スペース、社内イベントの写真や、客先からの周知事項、各車両の日常点検結果の共有、自社事故の共有、当社行事を写真で共有、過去の事故統計を円グラフで表示、回覧版を表示してドライバーが周知したことを確認、ヒヤリハット、故障車両、議事録管理のデーターベースが詰まっています。朝8時頃になると毎日RPAが自動で社内スペースを起動させ、端末を開くと同時に、ドライバーが見られるようになっているので、必ず1日に1度は見るように強制表示しています。

 

​自社でアプリの開発をすることにより使いやすく、高齢ドライバーでも使用しやすく考えて作成、輸送の効率化を図ります。

お問い合わせ

車両管理においてもドライバーが日常点検をタブレットでチェックして送信、結果に異常があるとすぐにRPAが管理者まで携帯に運転者名が記載された異常メールを送信します。故障箇所はすぐに修理するよう指導し、故障による事故や遅延を防ぎます。

ICT・RPAを活用した物流革新

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、連携

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ、クラウドを利用して配送先を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPAを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AI検索、共有、ペーパーレス化

  7. 客先の負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷を軽減、最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン