社長のブログ

  • 社長

デジタルトランスフォーメーションでドライバーの思い込みによるミスを回避

パソコンの位置情報を見ていたら、違うところへ向いて走っているトラックを発見!!

『○○さん明日どこ卸でしたか?』と聞くと『△△です』という答えが

『え、違うんじゃないの』というと『そうなんですか』という答えが、

客先に確認、するとやはり違う場所へ向いて走っていた。

まだそう遠くなかったので大丈夫でした。

当社のデジタルトランスフォーメーションでミスを回避できました。

デジタル化でミスを減らして安全安心な輸送、苦情のない会社を目指していきたいと思います。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドライバーから朝、まだお客さんが来ないという連絡をDXで対応

当社のDXでドライバーの位置を確認すると何かおかしい。違う場所にいる事がわかった。ドライバーに電話して「今違う所にいる見たいなので、場所をメールで送ります。」と伝えすぐにメールしてその場所へドライバーが移動したことを確認。客先からの苦情もなく、その後のドライバーからの電話もなく、仕事も全てこなせて問題なく終わりました。 当社のDX(デジタルトランスフォーメーション)で苦情を減らし、ドライバーをアシ

ドライバーから電話あり前に行ったことある配送先を忘れた。

こんな時、北本運輸はどうするのでしょうか?位置情報の出番です。時間も17時を回っているので、暗くなっていて見えません。ドライバーに『もう少し北のほうに進んだところにあります。』と伝えました。するとどうやらわかったようで間に合いました。県外に行ってわからなくなった時も安心です。当社ではドライバーに伝える武器を持っています。 別件でドライバーから『マーカーランプが消えてしまった』という電話がかかった。