社長のブログ

  • 社長

IOT用アプリの開発と進捗状況

最終更新: 3月2日



パソコンにIOT機器と接続し、パソコンから指示をだします。

どんな時に使うか?

積込、荷卸し中に連絡が取れないときに、光と音と振動でドライバーに伝達事項を表示して、運転席に戻った時にすぐにわかるようにします。

緊急の要件を伝えることで無駄な時間をなくします。

やっとパソコン表示のデザインが完成したところです。

パソコンからの操作でLEDのON,OFFや電子オルゴール、バイブの操作が可能です。

ドライバーが気づいたときに上部のボタンを押したらすべてOFFになる設計です。

それと同時にパソコン側にはボタンが押されたことが表示されます。

連動して誰が押したのか、パソコンに音声でしゃべるようにしました。

現在1台に取り付けしました。少しずつ増やしていきます。

事務所の電話連絡時間を短縮、客先とドライバーと事務所との連絡を高速化

スマホからの操作も可能です






4回の閲覧0件のコメント

未来の物流を体験

​​DX(デジタルトランスフォーメーション)

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ開発、クラウドを利用して配送先、出荷伝票を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPA,IOTを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AIによる高速検索共有、ペーパーレス化

  7. 当社の強みは緊急配送(急な変更)に関して、ネットワークからドライバーの位置情報と携帯端末を活用しメール、チャットで配送場所、指示等を高速に伝達、スムーズな配送対応が可能です。

  8. 顧客、ドライバーの負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷も軽減

最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン