社長のブログ

  • 社長

IOTを活用した緊急連絡


新たな緊急連絡網を開発

ドライバーに緊急連絡を表示したり、連絡先の電話番号や、住所や伝えたいことを光と音を出して伝え、変更等があった場合、高速伝達できる。


伝え方はプログラムで無限に変えられる。ドライバーが確認したらボタンを押せば、会社のLINEにボタンを押したことを伝えることができるので、いちいち電話をしなくても、伝わったことがわかる。今後もドライバーの作業時間の軽減に工夫をして、ドライバー確保と働き方改革をDXで進めていきます。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さん、auの電波障害大丈夫でしたか? 7月2日土曜日朝5時ドライバーに前日伝達を忘れ電話、 つながらない、え、もしかして着信拒否?一瞬ドライバーを疑った。 でも今までそんなことはなかった。 なぜだ?どうしよう携帯の充電がないのかいろいろ考えた末、最後の手段、 当社のDXを使うことにした。 電話が使えなくても、ドライバーに付与しているタブレットでメールをトリガーにしゃべる機能が当社にはある。 ドラ