top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

Googleで3年ほどやってきた。キントーンにも浮気したが成長するGoogleApps

ITC化を目指して4年くらいたったかもしれませんが、google app script からカレンダー、メール、スプレッドシート、グーグルフォーム、ウェブアプリと進化させてすべてを連携してプログラミングしています。google app script をつかってRPA(ロボット化)を進め、今では、日常点検が送られたら、シートに結果を反映し、ドライバーには、点検結果をメールと音声で返し、異常があった時だけ、管理者に通知するロボットや、客先からのメールを知らせてくれるロボットを連携させて、会社の通知ブザーを鳴らして、管理者に知らせるIOT機器等を自社で作成導入、メールを見忘れたり、客先からの『送りました』という連絡を待たずに通知してくれるので安心です。ペーパレスを推進されている客先には大変喜ばれています。

 昨年まで、App Makerというgoogleの新しい取組に挑戦していたが、結構苦労したので、途中からあまり勉強していませんでした。今年になってキントーンに対抗できるツール、AppSheetをgoogleが買収、これによりアプリ作成が加速しました。自社でjavascriptを使用して開発もやっていますが、やはりappsheetは簡単で早いし、ある程度のアプリは作成できます。もうすでに当社ではアプリを客先と連携しながらテスト利用中、この連携で新たな顧客獲得につなげていきたいと思います。自社では社員管理、車両管理、事故再発防止、燃費向上にこのアプリを使っています。その他、配送拠点の共有および各拠点の注意事項をデータベース化しています。重要地点に関しては、スマーフォンの位置情報を常に取得して、その配送先に関する注意事項があれば、ロボットが音声アナウンスしてくれます。この結果苦情はほとんどありません。さらなる飛躍をするため、輸送のICT化は重要だと思います。これからは客先と配送数量の共有、サインの電子化等が自社アプリで作れる時代です。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

ノーコードアプリを活用した物流DX

当社はgoogleのappsheetおよびgoogle app script を活用したDXを自社開発で導入し客先からの配送予定をオンラインで共有してます。ロボットによる自動メール配信、これはトリガーで状態が変化したときにその状態をロボットが気づいてメールを送信してくれます。配送日に荷卸し先の色を変えたり、運搬費を表示したり、1月分の運搬費を合計して表示することもできます。グラフの利用や、金額を見

Comments


bottom of page