top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

appsheet で距離を入力、保存すると自動で単価入力 オートメーション

更新日:2023年9月13日

前回ブログで載せたプログラムが完成しました。appsheetの値をgasに読み込んでその距離と休日割増を反映させて運賃とサーチャージを自動でロボットが計算し、入力してくれる。プログラムが完成

北本運輸のDXはやばいよ


スマホで客先と仕事の予定を共有しながら、配送終了後にアプリにいくつかのパラメータを入力し、保存すれば自動で計算し、結果を出力、金額を確認できます。


毎月の配送先別に運搬費を表示、共有しています。


できる限り事務処理をロバットにさせて、日々の業務を削減、ミスも減らして信頼度アップ、空いた時間を人にしか出来ない仕事を行う、これが弊社のDXです。




閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Google のgeminiで生成AIを利用

Google生成AI発表 Googleが生成AIを発表しました。GoogleドライブやGmailとの連携も期待されており、情報共有や作業効率化がさらに進む可能性があります。 AppSheetで顧客と配送情報の共有 AppSheetを利用したアプリで顧客と配送情報を共有することで、ドライバーも情報共有でき、伝達事項が減り、業務効率化が実現しました。 日常点検アプリ AppSheetで日常点検アプリを

appsheetで地図を使う

スプレッドシートの列に緯度経度や住所の項目を作成して、regenerateとすれば位置情報のカラムが追加され、typeをlat longにします。住所の時はaddressにします。するとmapviewで地図に場所を表示することが可能です。 また、スマホの入力でinitial valueにhere()をつかうと、自動で今いる場所が入力されます。 倉庫業で使う x,y tpyeについて typeをx,

Kommentare


bottom of page