top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

appsheetに顧客からの新規配送依頼の見逃しを防ぐ

シートの列に新規依頼フラグを追加してregenerateする。

data column で 新規依頼フラグのshowをuseremail()=自分のログインしているメールアドレスにして自分だけみせて、顧客には見せないようにする。

typeyse/noにしてinitial value をtrueにする


format roleで[新規依頼フラグ]=true つまり新規依頼がついかされた色を変えたり、アイコンを追加したりして、視覚でわかるようにする。


これで顧客がアプリから新規配送依頼を入力したらアプリを開いたときにわかります。


でもアプリを開かないとわからないというのも問題があります。


当社ではautomationつまりロボットを使いメール通知やスマホの通知あるいは、chatを使って通知しています。


もし、これでも見忘れが発生するかもしれません。それを防ぐため、毎日スケジュールで昼の12時にロボットが確認して新規依頼フラグのtrueが残っていれば、毎日メールで「新規依頼が残っています。確認して下さい。」という通知が来ます。


その他に月ごとに運賃の請求合計を表示したり、現場ごとに請求運賃を表示したりできます。

これもselect関数を活用して、合計を出します。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Google のgeminiで生成AIを利用

Google生成AI発表 Googleが生成AIを発表しました。GoogleドライブやGmailとの連携も期待されており、情報共有や作業効率化がさらに進む可能性があります。 AppSheetで顧客と配送情報の共有 AppSheetを利用したアプリで顧客と配送情報を共有することで、ドライバーも情報共有でき、伝達事項が減り、業務効率化が実現しました。 日常点検アプリ AppSheetで日常点検アプリを

私が自力で作成した位置情報取得モジュールとgoogle cloudを活用した動態管理

最近動態管理等の商品がよく出ています。実は10年前から自力でGPSモジュールを作成し、その信号をgoogle cloudに記録できないか勉強してきました。その結果7年ほど前から自社の位置情報システムを利用しています。自社でやるといろんなことができる。なぜか?それは、GPS衛星からの返された信号をすべて取得、位置、時間、海抜、進行方向、速度等です。これがすべて会社で取得できたら、凄いでしょう。この信

Comentarios


bottom of page