社長のブログ

  • 社長

香港のデモが止まらない

今日の経済新聞に18歳の少年が打たれた事件で、重体の少年を起訴するとの報道が書いてあった。さらに、デモが暴徒化しているようである。これから先どうなるのであろうか?民主化の波が中国を襲っている。アメリカの景気が低迷してきているらしい、世界の発展途上国が先進国化している中で、アメリカは体力が衰退し、5Gにもいても中国が攻めてきている。これが軍事転用されると、アメリカが他国を助けるどころか、自国の防衛も脅かされてくる。ということは、他国を助けるどころではない。となると自国は自国で守らなければならなくなると思う。発展途上国が経済力をつけることは、良いほうにばかり行くとは限らないということではないだろうか?裕福になって、軍事力をつけて、自国の利益のためにそれを使う。最悪のシナリオだ。

そうならないように、世界の平和のためにお金を使ってほしいものだ。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示