社長のブログ

  • 社長

運送屋の社長が自社開発したトラック動態管理

先日、他社の会議に出席して、動態管理のアプリ導入について説明をきいてきた。当社のアプリと比較検討してみました。基本的にはGPSを利用してトラックの位置情報を取得するものです。客先の問い合わせにすぐに応えられること。緊急の時に位置を確認してすぐに対応できること。走行方向を見て誤配がないか確認できること。急な荷物の対応が可能なこと。などほとんど当社の動態管理でできることでした。見栄えは確かによかったでも『なんだ、一緒じゃん』と思った。その他当社が管理していることは、速度が出て過ぎていないかや、携帯の電池がなくなった場合の対応、そこは当社のほうが良いとこだと思いました。ただ位置情報をとるだけでなく、その情報を客先と共有したり応用ができるところが自社開発の強みですよね!また、会社のウェブアプリにトラックの位置情報もみれるようにしてみたり、そのウェブアプリに客先の配送先を登録したり、それをドライバーと共有したりしています。ここが自社開発の強みですよ!私が培った知識を最大限に生かして、客先に対してより良いサービスを提供していきます。


このアプリは当社ホームページの動画を見てください。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドライバーから朝、まだお客さんが来ないという連絡をDXで対応

当社のDXでドライバーの位置を確認すると何かおかしい。違う場所にいる事がわかった。ドライバーに電話して「今違う所にいる見たいなので、場所をメールで送ります。」と伝えすぐにメールしてその場所へドライバーが移動したことを確認。客先からの苦情もなく、その後のドライバーからの電話もなく、仕事も全てこなせて問題なく終わりました。 当社のDX(デジタルトランスフォーメーション)で苦情を減らし、ドライバーをアシ

ドライバーから電話あり前に行ったことある配送先を忘れた。

こんな時、北本運輸はどうするのでしょうか?位置情報の出番です。時間も17時を回っているので、暗くなっていて見えません。ドライバーに『もう少し北のほうに進んだところにあります。』と伝えました。するとどうやらわかったようで間に合いました。県外に行ってわからなくなった時も安心です。当社ではドライバーに伝える武器を持っています。 別件でドライバーから『マーカーランプが消えてしまった』という電話がかかった。