社長のブログ

  • 社長

緊急輸送の依頼 ICT RPAを利用して対応

最終更新: 2020年10月4日

最近緊急依頼のブログを書くことが多くなりました。なぜならほぼ、対応しているからです。先日、10時30分ごろにトラック空いていませんかという問い合わせが、今の取り組みをしていないときは、『一度電話を切らせていただき、折り返し電話します』から始まり、そこからドライバーに電話したり、空いている車をとにかく聞きまくっていた。しかしICT RPAを使い始めてからは位置情報を確認して、『客先には多分大丈夫だと思います』の一言からはじまる。とりあえず安心を与えられる。『段取りしてみますので折り返し電話します。』ドライバーに電話をかけて、わかっているが確認をとる。すぐに大丈夫という返事が、客先に電話して『大丈夫なので行先と連絡先を教えてください』と伝えて、ドライバに大まかな方向だけ伝えて、走行させファックスが来るまでの時間を無駄にはしない。依頼書が届くとすぐに当社のアプリを利用してメール送信車マークを押すだけでナビがスタートして、そのまま直行です。依頼書の添付とナビを設定して送信するまで約10分、11時30分には現地到着しました。今までは電話連絡を取るだけであきらめていた仕事が対応できるようになった。

『こんな運送会社があったらいいのになー』

という会社をめざします。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

タイヤ交換完了

昨日、タイヤ交換が完了しました。 来週から雪マークなので、最後の3台を一気に交換。 安心して、仕事ができます。 タイヤチェーンも、準備できました。 仕事のご依頼をお待ちしています。

RPAを活用するきっかけ

とにかく忙しい毎日でした。1日の仕事は、朝、ドライバーに注意事項を伝達し、点呼、電子マニフェストの入力、メールチェックと印刷、ドライバーの場所がわからなくて事務所から電話、客先からもまだついていませんという問い合わせ、ドライバーからの配送先の場所を電話で伝達、その中で事故が発生したときは、発生場所の特定や、連絡、現地への到着までに時間がかかっていました。また、冬場になるとタイヤ交換で足腰がふらふら

ICT・RPAを活用した物流革新

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携、共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ、クラウドを利用して配送先を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPAを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AI検索、共有、ペーパーレス化

  7. 客先の負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷を軽減、最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン