社長のブログ

  • 社長

緊急の配車要請に当社のICTで対応解決

更新日:2020年10月9日

お盆休みの13日に携帯に会社の転送電話がなりました。

「はい、北本です。」

「○○です。今日お休みですか?」

「はい、どうしましたか?」

「休み明けのお仕事なんですが、○○まで朝いちばんに7tユニック空いてませんかねー」

と電話がありました。いつもならここで『ちょっと休みでドライバーも連絡取れないのでごめんなさい。』で終わっていた売り逃しの仕事です。ここで当社のITを最大限に利用した対応です。

「少し待ってもらえませんか?」と言って待ってもらい。何をしたかといいますと。

まず、休み明けの予定を事務所に設置してある。ネットカメラで確認。

□□さんが朝から空いていることを確認し、クラウドに保存してある運転者台帳から緊急連絡先をみてドライバーに電話をかけて大丈夫か確認したらOKだった。

「そうしましたら、何とか段取りしましたので、場所と客先とうの書いたものをファックスしてください。」と対応

「助かりました」と言われました。

当社はファックスをすべてクラウド保存しているので、ファックスを送ってもらったら、スマホから休み明けのドライバーに転送し、「メールしたので、お願いします。」と伝えるだけです。

困ったときに対応して、客先に喜ばれています。

『こんな運送会社あったらいいなー』の会社になれるように頑張ります。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

受注アプリで入力した配車予定をアプリ化

今、受注日時から日付別に配車予定を分割し、その分割した予定をドライバーが自分の仕事だけを見るれるアプリを作成中、できればドライバーに渡す、紙の指示書等を無くしたい。 できたら、紹介します。

朝の私のルーティーン

朝はAmazonのAIスピーカーAlexaに起こされます。6:00にセットしてあって、私の名前を呼んでくれて起きてくださいと言ってくれます。同時に照明が点灯し、今日の天気予報を喋りだします。それが終わったら、サザンの曲が鳴り出し、目を覚まします。朝の起床もロボットで自動化しています。会社においても、玄関照明を日の出、日の入でオンオフを自動化してあり、節電に一役かってます。あとは、Alexa、会社の