top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

緊急の配車要請に当社のICTで対応解決

更新日:2020年10月10日

お盆休みの13日に携帯に会社の転送電話がなりました。

「はい、北本です。」

「○○です。今日お休みですか?」

「はい、どうしましたか?」

「休み明けのお仕事なんですが、○○まで朝いちばんに7tユニック空いてませんかねー」

と電話がありました。いつもならここで『ちょっと休みでドライバーも連絡取れないのでごめんなさい。』で終わっていた売り逃しの仕事です。ここで当社のITを最大限に利用した対応です。

「少し待ってもらえませんか?」と言って待ってもらい。何をしたかといいますと。

まず、休み明けの予定を事務所に設置してある。ネットカメラで確認。

□□さんが朝から空いていることを確認し、クラウドに保存してある運転者台帳から緊急連絡先をみてドライバーに電話をかけて大丈夫か確認したらOKだった。

「そうしましたら、何とか段取りしましたので、場所と客先とうの書いたものをファックスしてください。」と対応

「助かりました」と言われました。

当社はファックスをすべてクラウド保存しているので、ファックスを送ってもらったら、スマホから休み明けのドライバーに転送し、「メールしたので、お願いします。」と伝えるだけです。

困ったときに対応して、客先に喜ばれています。

『こんな運送会社あったらいいなー』の会社になれるように頑張ります。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

津幡で大雨による通行止めをDXで対応

ドライバーからの電話で8号線が通行止めになっていることを知らされました。 すぐに、道路情報をパソコンで確認し、ドライバーの位置情報とこれから走行するルートを確認して、安全なルートを選択、8号線以外の国道も通行止めになっているので、石川県から富山県に行くには高速道路しかありませんでした。高速道路も富山ICから通行止めになっていました。その状況から、とりあえず高速道路を使用し、富山へ行くように指示。渋

Comments


bottom of page