社長のブログ

  • 社長

緊急の配車要請に当社のICTで対応解決

お盆休みの13日に携帯に会社の転送電話がなりました。

「はい、北本です。」

「○○です。今日お休みですか?」

「はい、どうしましたか?」

「休み明けのお仕事なんですが、○○まで朝いちばんに7tユニック空いてませんかねー」

と電話がありました。ここで当社のITを最大限に利用した対応です。

「少し待ってもらえませんか?」と言って待ってもらい。何をしたかといいますと。

まず、休み明けの予定を事務所に設置してある。ネットカメラで確認。

□□が朝から空いていることを確認し、ドライバーに大丈夫か確認しOKだった。

「そうしましたら、何とか段取りしましたので、場所と客先とうの書いたものをファックスしてください。」と対応

「助かりました」と言われました。

当社はファックスをすべてクラウド保存しているので、ファックスを送ってもらったら、スマホから休み明けのドライバーに転送し、「メールしたので、お願いします。」と伝えるだけです。

休み明けにドライバーが指定の時間に出勤しているか、駐車場カメラで確認してOK。

困ったときに対応して、客先に喜ばれています。

最新記事

すべて表示

ロボットを昔から使っていた UWSC

UWSCは昔から利用していました。これも無料のアプリで当社ではボタン1つで高速道路の明細出力や、エクセルの請求書白紙ファイルを自動で作成しています。初心者はこちらからやってみてはどうでしょう。基本は趣味でやってるようなものです。 UiPathも無料でつかえる枠があるようですね。 でもクラウドを利用していろんな操作をしようとすると難しいと思います。 gasとgoogle シートやドキュメント、カレン

緊急輸送の依頼 ICT RPAを利用して対応

最近緊急依頼のブログを書くことが多くなりました。なぜならほぼ、対応しているからです。先日、10時30分ごろにトラック空いていませんかという問い合わせが、今の取り組みをしていないときは、『一度電話を切らせていただき、折り返し電話します』から始まり、そこからドライバーに電話したり、空いている車をとにかく聞きまくっていた。しかしICT RPAを使い始めてからは、位置情報を確認して、『客先には多分大丈夫だ

ICT・RPAを活用した物流革新

弊社では、ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進し、Googleのグループウェアを利用、連携して、RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化で残業、事故の削減安全管理の自動化を図っています。また、自社アプリで配送先を全員と共有顧客とも配送先や出荷予定をクラウド、自社アプリで共有しています。弊社を利用すれば緊急対応もトラック位置情報とICT,RPAを活用し、輸送の見える化を実現、最善策を考えスピーディに対応致します。到着時間をすぐに返答、Fax書類のデータを電子化し、紛失を防ぎ、地図等を保管して、客先の負担を軽減、残業を削減します。小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン