top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

石川県で物流DX 当社アプリを紹介


当社と客先をクラウドでつないで情報共有し、ミスを減らして、効率化を図っています。

もちろんドライバーとも共有していち早く配送、アプリに配送場所もgoogle mapで表示され、アプリからナビに画面がかわり、そのまま配送


スピーディーな配送を実現しました




一度登録した配送場所はそのままアプリに保存され、何度でも再利用できます。

場所を教える手間も省けて一石二鳥です。




アプリで登録地図を表示





















車アイコンクリックで








アプリから直接ナビになりました。

























輸送依頼 倉庫から搬出と搬入を表示

スライドで運搬終了

にできる機能を追加しました。



























アプリに入力した数値をグラフ化できる。


例えばある値を超えたらメールをしたい人に送信したり、毎日の報告を1日1回メールで送信することも可能


google chatも連携できるのですごい


これが入力したデータをグラフ化する機能です。その他円グラフなど種類はたくさんあります。

























異常があるときはここに故障個所を入力























その車番に赤色が表示されます。

アプリに情報を入力することで全員に異常を知らせることができます。


入力されたいろんな値をもとに注意喚起もできる


客先の注意事項等を登録したりできる。


いくつもの注意がある場合でも大丈夫です。その場所に紐づけて注意事項を入力


客先にもアプリを提供してオンラインで結んでいます。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私が自力で作成した位置情報取得モジュールとgoogle cloudを活用した動態管理

最近動態管理等の商品がよく出ています。実は10年前から自力でGPSモジュールを作成し、その信号をgoogle cloudに記録できないか勉強してきました。その結果7年ほど前から自社の位置情報システムを利用しています。自社でやるといろんなことができる。なぜか?それは、GPS衛星からの返された信号をすべて取得、位置、時間、海抜、進行方向、速度等です。これがすべて会社で取得できたら、凄いでしょう。この信

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

Hozzászólások


bottom of page