社長のブログ

  • 社長

来年に向けてIOTに力をいれる


IOT機器についたボタンを押すと、伝達の確認と音が止まり、光が消えるというものです。いろいろ応用はできますが、顧客が当社webアプリからメールを送ったことを伝達するなどです。このボタンのスイッチセンサーの操作でパソコンに『押されたよ』とか『右に倒したよ』とか『左に倒したよ』という情報がきます。そこでいろんな処理をします。例えば、メールを送信したり、スプレッドシートに記録したり、いろいろ創造は膨らみますがとりあえず、できることからやっていきます。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

受注アプリで入力した配車予定をアプリ化

今、受注日時から日付別に配車予定を分割し、その分割した予定をドライバーが自分の仕事だけを見るれるアプリを作成中、できればドライバーに渡す、紙の指示書等を無くしたい。 できたら、紹介します。