top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

本日朝、7時にバースト連絡あり当社の動態管理ですぐに修理完了

今日の朝ドライバーからバーストの連絡がありました。

福井で走行中にバーストしてタイヤが横に外れかかっているのでそんなに走れないという電話があった。

とりあえず、すぐに事務所に入ってパソコンを立ち上げた。

ドライバーの位置情報をもとに当社のウェブアプリでタイヤ修理会社を検索、4件ぐらい出てきた。ドライバーの位置から10分くらいのところに1件見つけました。営業時間を見ると8時30分からだった。この時間だと朝到着の現場に支障が出そうだ。もう1件のほうを見ると8時開店のところを見つけた。電話もしてみるがでない、ストリートビューで見ると当社と取引のあるメーカーの文字があったので、いつも使っているタイヤ屋さんに聞いてみると、『そのタイヤ店ならうちで決算できます』とのこと、ドライバーに『お金はいらないのでタイヤを替えてもらってください』と伝えた。7時40分ぐらいに到着、8時30分になれば客先にパンクを伝えなければならない。時間との勝負だ。パソコンとにらめっこが続いた。『動いたー』8時5分に無事修理完了、事前にその位置から現場まで15分であることを確認していたので『間に合った』動態管理と当社のアプリ最高ー!!自画自賛である。2年ほど前から3回ほどパンクやバーストがあるがすべて客先に連絡をせずに済んでいる。当社のデジタルトランスフォーメーションはやばい

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私が自力で作成した位置情報取得モジュールとgoogle cloudを活用した動態管理

最近動態管理等の商品がよく出ています。実は10年前から自力でGPSモジュールを作成し、その信号をgoogle cloudに記録できないか勉強してきました。その結果7年ほど前から自社の位置情報システムを利用しています。自社でやるといろんなことができる。なぜか?それは、GPS衛星からの返された信号をすべて取得、位置、時間、海抜、進行方向、速度等です。これがすべて会社で取得できたら、凄いでしょう。この信

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

津幡で大雨による通行止めをDXで対応

ドライバーからの電話で8号線が通行止めになっていることを知らされました。 すぐに、道路情報をパソコンで確認し、ドライバーの位置情報とこれから走行するルートを確認して、安全なルートを選択、8号線以外の国道も通行止めになっているので、石川県から富山県に行くには高速道路しかありませんでした。高速道路も富山ICから通行止めになっていました。その状況から、とりあえず高速道路を使用し、富山へ行くように指示。渋

Comments


bottom of page