社長のブログ

  • 社長

最近台付けワイヤーを編んでます。

最終更新: 6日前

時間もあるし、ドライバーも短い荷締めのワイヤーが欲しいということでとりあえず、会社にあったワイヤーを切って、フックを買ってきたので、それを片方のわっかに取付、編んでいきます。経費も節約、仕事の効率も上がるということなので、今日から何本か作ります。出来上がりをまた載せたいと思います。


片側を編みました。

あともう片方です。

朝の時間10分で仕上げました。明日またもう片方を仕上げます。

4本ほど作ったのですが、全部ドライバーが持って行ってしまいました。

役に立ってよかったです。

荷締めも効率化を図り、時間を短縮していきたいと思います。

編み込みが終わりました。あとはいらないワイヤーを切ってテープで巻いて終わりです。

\ ( . . ) /


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デジタルトランスフォーメーションでドライバーの思い込みによるミスを回避

パソコンの位置情報を見ていたら、違うところへ向いて走っているトラックを発見!! 『○○さん明日どこ卸でしたか?』と聞くと『△△です』という答えが 『え、違うんじゃないの』というと『そうなんですか』という答えが、 客先に確認、するとやはり違う場所へ向いて走っていた。 まだそう遠くなかったので大丈夫でした。 当社のデジタルトランスフォーメーションでミスを回避できました。 デジタル化でミスを減らして安全

メール添付ファイルの自動印刷

メールを受信したら相手先がある特定の会社の場合 添付ファイルを自動で印刷して 確認メールを返信する ができたら1日に20分ぐらいは人件費が削減できるかも メール添付ファイルの自動印刷ができないか挑戦中 いくつかを組み合わせてやりたいと思います。 できれば、印刷した後に自動で確認メールを送信できれば最高です。 使うもの power automate desktop uwsc この2つを利用して自動化

未来の物流を体験

​​DX(デジタルトランスフォーメーション)で効率UP

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ開発、クラウドを利用して配送先、出荷伝票を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPA,IOTを活用し、物流の見える化を実現

  6. ​月極貸切トラック位置情報を顧客と共有して、配送状況を把握、効率よく、無駄なくご利用いただけます。

  7. 紙データを電子化、紛失防止、地図の保管、AIによる高速検索共有、ペーパーレス化

  8. 緊急配送(急な変更)に関して、ネットワークからドライバーの位置情報と携帯端末を活用しメール、チャットで配送場所、指示等を高速に伝達、スムーズな配送対応が可能です。

  9. 顧客、ドライバーの負担軽減、残業削減小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷も軽減

  10. 私たちの行動は持続可能な開発目標、SDGsの取組につながっています。

最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。