top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

最近のICTを活用した新しい取り組み 客先とアプリ シートの共有


客先とgoogleのスプレッドシートを共有 クラウド上で客先情報を共有しています。

配送先や配送予定もアプリで共有し、新しい客先との連携を図ります。これからは客先とのクラウド共有も当たり前の時代に。


配送先をアプリの地図で表示

ドライバーと全員と共有



  1. 客先とも共有

  2. スピード配送

  3. 残業削減

  4. googleナビで時間わかる。

  5. ストリートビューで周辺道路や状況も確認

  6. 登録先も追加できる。






















当日の配送数量や地区、重量も表示

何かあればメールをタップでそれぞれの登録先にメール送信


効率化を図っている。

すべてこの数字は上段のスプレッドシートに客先が記入したものを反映


























上段の各配送先をタップすると詳細が表示

その配送先の配送品目と数量、重量が表示される。

























当社では客先との情報共有を促進し、連携して総合的な効率化を図っている。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私が自力で作成した位置情報取得モジュールとgoogle cloudを活用した動態管理

最近動態管理等の商品がよく出ています。実は10年前から自力でGPSモジュールを作成し、その信号をgoogle cloudに記録できないか勉強してきました。その結果7年ほど前から自社の位置情報システムを利用しています。自社でやるといろんなことができる。なぜか?それは、GPS衛星からの返された信号をすべて取得、位置、時間、海抜、進行方向、速度等です。これがすべて会社で取得できたら、凄いでしょう。この信

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

Comments


bottom of page