社長のブログ

  • 社長

新人ドライバーとトラックの講習

新人ドライバーと一緒にトラックのキャビンを上げて講習会をしました。

まず、聞いてみると「あまりわからない」という答えが返ってきた。

まずは、ラジエター、冬場の備えとしてクーラントの混合、凍結防止剤として水に約30パーセント入れること。もし凍結するとエンジンが割れてしまいます。もし、オーバーヒートした時の対応についても講習しました。ファンベルトのゆるみ、オイル量の確認と注入、エンジン音を毎日聞いて、調子を確認、異音がしたら会社に電話して、修理工場へ行くように指導しました。ラジエターの水も錆があったら入れ替えもすること。燃料がなくなってとまったときの、エアーぬきについても指導しました。朝、車両の下が濡れていたら、故障の可能性が高いので確認するようにお願いしました。その他いろいろ、私が知っている範囲で教育を行いました。全然知らないで運転していると重大故障を放置して走行すると、大事故や、重大故障で動けなくなったりします。そうならないように、当社では指導しています。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

緊急輸送の依頼 ICT RPAを利用して対応

最近緊急依頼のブログを書くことが多くなりました。なぜならほぼ、対応しているからです。先日、10時30分ごろにトラック空いていませんかという問い合わせが、今の取り組みをしていないときは、『一度電話を切らせていただき、折り返し電話します』から始まり、そこからドライバーに電話したり、空いている車をとにかく聞きまくっていた。しかしICT RPAを使い始めてからは、位置情報を確認して、『客先には多分大丈夫だ

高速道路通行止めをRPAが全員に連絡

今日白山ICから、美川ICまでの上り区間が通行止めになった。当社は365日24時間RPAが監視しているので、高速道路の緊急情報をタブレットで全員に音声連絡してくれます。これで2台は通行止めを回避できました。 ロボットを使った取り組みで、安全安心の輸送を提供していきます。

ICT・RPAを活用した物流革新

弊社では、ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進し、Googleのグループウェアを利用、連携して、RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化で残業、事故の削減安全管理の自動化を図っています。また、自社アプリで配送先を全員と共有顧客とも配送先や出荷予定をクラウド、自社アプリで共有しています。弊社を利用すれば緊急対応もトラック位置情報とICT,RPAを活用し、輸送の見える化を実現、最善策を考えスピーディに対応致します。到着時間をすぐに返答、Fax書類のデータを電子化し、紛失を防ぎ、地図等を保管して、客先の負担を軽減、残業を削減します。小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン