社長のブログ

  • 社長

当社はユニック保有台数が24両の石川県白山市のユニック専門業者です。

創業時ユニック車5両から始まり現在24両のユニック車を保有しています。当社ではユニックの操作手順や、点検、クレーン事故を防ぐために、過去の事故の教訓、経験から、安全教育を実施、クレーンを上げたまま走行しないように、安全装置を全車両に装着し、吊荷の重量をメモリで図る方法や、転倒事故の防ぎ方を教育しています。重量物を吊り上げられて、仕事効率も良く、便利なのですが、一つ間違えると、死亡事故につながります。

 年に何回か、トラックが倒れたり、高圧線の近くにで作業をしていて、感電死したり、クレーンを上げたまま走行して、電信柱をなぎ倒したりして、新聞やテレビにでています。

 経験のある業者を選ぶことがこういった事故を防ぐことになります。当社は 死亡事故ゼロ、スマホで安全管理を開始した平成30年度から荷物保険利用ゼロ、対人対物に関しても優良会社で保険料金の最大割引65%を維持し続け、次の更新も最大割引65%見込みの事故が少ない会社です。 ユニック車のご用命は安全作業の当社へ、

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

ペーパーレスの推進

顧客とデータを共有していますが、その配送データをファックスしてもらっています。そのファックスをなくそうと今考えています。顧客が入力した前日までのデータを次の日の朝3時くらいに、RPA(プログラムロボット)で自動PDF化して、顧客と会社および、配送ドライバーに直接メールすることで、顧客の時間を削減、ファックス経費の削減、ペーパーレス、最終的に配送日の朝、ドライバーがPDFをプリントアウトして配送伝票

敦賀でパンク10t車当社のICTで対応40分で修理完了

今日、敦賀でパンクしました。1時30分着で現場に入った途端パンクの電話が、「社長タイヤパンクしました。」こんな時は慌てません。ドライバーの位置情報を確認し、周辺のタイヤ屋さんを当社のウェブアプリで検索、すると10件のタイヤ屋さんが出てきたので一番近いタイヤ屋さんに電話してみると「うちは現金受け付けていませんと言われました。」でも近くのタイヤ屋さんを教えてもらえたので、そこに電話してアポ取り成功、ド

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、連携

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ、クラウドを利用して配送先を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPAを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AI検索、共有、ペーパーレス化

  7. 客先の負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷を軽減、最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

ICT・RPAを活用した物流革新

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン