社長のブログ

  • 社長

当社のRPAについて

最終更新: 2020年8月31日

RPAって知ってますか?

IT関係の方はご存じと思いますが、私も名前は昨年知りました。

実は、3年以上前から使っていたんですよ。

現在では毎日200以上のRPAプログラムが動いています。

ちょっと動かしすぎて、使い過ぎの警告がきてますけどね。

RPAとは、自動化ロボットのことです。

Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)

つまり、1年365日24時間体制で動いてくれるロボットです。

RPAにやらさせていること。メール監視や、ドライバーの速度超過、免許の書き換え伝達、注意事項の伝達、毎月の事故アンケート、ファックスの自動仕分けや転送、今日のスケジュールのお知らせをスマホでしゃべらせたり、車検の伝達や通知、またまだありますがこのぐらいにしておきます。

ロボットは何も言わずに働いてくれるから助かります。

まあー私一人で事務員を20人くらい使っているみたいなもんです。

20人×20万のお給料は月に400万円年間にして、4800万円です。

なんて恐ろしい金額でしょうか?

でも当社では事務員と私で4人でこなしています。実際は4人ですが、RPAを入れると24人ですね。

これが当社の経費節約です。

たまに動かなくなることもあるので、そのメンテナンスが大変ですがね。

忘れたことに来るから厄介なんですよ。

でもこのおかげで、事故の削減、残業の削減、客先からの苦情の減少、ドライバーの管理ができています。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

苦情共有アプリと写真共有アプリを追加

苦情があった時に全員で共有できるようにアプリを作成、苦情内容、対策を記録してドライバーがいつでも見れるようにしました。 写真をアプリからアップロードできるようにして、事故、配送時の確認、返品等に写真で対応できるように作成しました。 社員全員と共有し、必要な時はダウンロードして客先へメール送信しています。 今日利用したのデジタルトランスフォーメーションはIOTを利用、ドライバーが電話に出なかったので

aws cloud、google cloudのデータを連携して、web アプリケーションの作成

位置情報管理、事故、苦情、注意事項、車両情報、免許更新、ドライバー情報のデータをクラウドで管理、車両(速度、点検結果)管理、配送場所の管理、故障時の修理先を管理、客先管理、電話番号管理、ファックス管理、メール管理 これらのデータをアプリケーションと連携し、ドライバーに通知、ドライバーがタブレットで検索、会社からもアプリで検索、車両と配送先の距離を検索 すべてを連携し、事故、故障、無車検運行、無免許

未来の物流を体験

​​DX(デジタルトランスフォーメーション)で効率UP

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ開発、クラウドを利用して配送先、出荷伝票を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPA,IOTを活用し、物流の見える化を実現

  6. ​月極貸切トラック位置情報を顧客と共有して、配送状況を把握、効率よく、無駄なくご利用いただけます。

  7. 紙データを電子化、紛失防止、地図の保管、AIによる高速検索共有、ペーパーレス化

  8. 緊急配送(急な変更)に関して、ネットワークからドライバーの位置情報と携帯端末を活用しメール、チャットで配送場所、指示等を高速に伝達、スムーズな配送対応が可能です。

  9. ​​荷物の確認やクレーム、事故状況を携帯端末の写真で高速共有し、スムーズな対応、処理につなげます。事故に関してはチャットで写真を全員に一斉送信、同様事故が起きないように周知徹底を図ります。

  10. 顧客、ドライバーの負担軽減、残業削減小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷も軽減

  11. 私たちの行動は持続可能な開発目標、SDGsの取組につながっています。

最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。