top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

当社のRPAについて

更新日:2020年8月31日

RPAって知ってますか?

IT関係の方はご存じと思いますが、私も名前は昨年知りました。

実は、3年以上前から使っていたんですよ。

現在では毎日200以上のRPAプログラムが動いています。

ちょっと動かしすぎて、使い過ぎの警告がきてますけどね。

RPAとは、自動化ロボットのことです。

Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)

つまり、1年365日24時間体制で動いてくれるロボットです。

RPAにやらさせていること。メール監視や、ドライバーの速度超過、免許の書き換え伝達、注意事項の伝達、毎月の事故アンケート、ファックスの自動仕分けや転送、今日のスケジュールのお知らせをスマホでしゃべらせたり、車検の伝達や通知、またまだありますがこのぐらいにしておきます。

ロボットは何も言わずに働いてくれるから助かります。

まあー私一人で事務員を20人くらい使っているみたいなもんです。

20人×20万のお給料は月に400万円年間にして、4800万円です。

なんて恐ろしい金額でしょうか?

でも当社では事務員と私で4人でこなしています。実際は4人ですが、RPAを入れると24人ですね。

これが当社の経費節約です。

たまに動かなくなることもあるので、そのメンテナンスが大変ですがね。

忘れたことに来るから厄介なんですよ。

でもこのおかげで、事故の削減、残業の削減、客先からの苦情の減少、ドライバーの管理ができています。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私が自力で作成した位置情報取得モジュールとgoogle cloudを活用した動態管理

最近動態管理等の商品がよく出ています。実は10年前から自力でGPSモジュールを作成し、その信号をgoogle cloudに記録できないか勉強してきました。その結果7年ほど前から自社の位置情報システムを利用しています。自社でやるといろんなことができる。なぜか?それは、GPS衛星からの返された信号をすべて取得、位置、時間、海抜、進行方向、速度等です。これがすべて会社で取得できたら、凄いでしょう。この信

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

コメント


bottom of page