社長のブログ

  • 社長

当社のRPAについて

更新日:2020年8月31日

RPAって知ってますか?

IT関係の方はご存じと思いますが、私も名前は昨年知りました。

実は、3年以上前から使っていたんですよ。

現在では毎日200以上のRPAプログラムが動いています。

ちょっと動かしすぎて、使い過ぎの警告がきてますけどね。

RPAとは、自動化ロボットのことです。

Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)

つまり、1年365日24時間体制で動いてくれるロボットです。

RPAにやらさせていること。メール監視や、ドライバーの速度超過、免許の書き換え伝達、注意事項の伝達、毎月の事故アンケート、ファックスの自動仕分けや転送、今日のスケジュールのお知らせをスマホでしゃべらせたり、車検の伝達や通知、またまだありますがこのぐらいにしておきます。

ロボットは何も言わずに働いてくれるから助かります。

まあー私一人で事務員を20人くらい使っているみたいなもんです。

20人×20万のお給料は月に400万円年間にして、4800万円です。

なんて恐ろしい金額でしょうか?

でも当社では事務員と私で4人でこなしています。実際は4人ですが、RPAを入れると24人ですね。

これが当社の経費節約です。

たまに動かなくなることもあるので、そのメンテナンスが大変ですがね。

忘れたことに来るから厄介なんですよ。

でもこのおかげで、事故の削減、残業の削減、客先からの苦情の減少、ドライバーの管理ができています。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

受注アプリで入力した配車予定をアプリ化

今、受注日時から日付別に配車予定を分割し、その分割した予定をドライバーが自分の仕事だけを見るれるアプリを作成中、できればドライバーに渡す、紙の指示書等を無くしたい。 できたら、紹介します。