社長のブログ

  • 社長

当社のICT緊急対応

私の携帯電話に朝6時40分くらいに電話が鳴った。

こんな時間はあまりよくない電話が多いが何があったのだろう?

と思いつつ携帯の表示を見た。

ドライバーではない。

会社の転送電話だった。

電話に出てみる。

「はい、北本です。」

すみません。ちょっと車が壊れてしまって困っています。10tユニック車空いていませんかねー」と言われました。

まだ出勤途中で、前までは情報はすべて会社についてからではないと対応できなかったが、当社のICTを利用して、すぐに車を止めて対応してみようと考えてた。

「えーと、ちょっと折り返してもいいですか?」と言って、車を安全なところまで移動させて、スマホを取り出す。

1、まず、今日の予定を事務所のカメラで確認する。すると1台急ぎでない車がいたのでそのドライバーの位置情報をスマホで確認した。もう、出発してしまっている。「遅かったか―」と思いながら、ドライバーに電話「ちょっと、○○会社の車が故障して、今すぐトラック空いてないか電話がかかってきたんだけど何時ごろ空車になるの」

「大体 8時くらいかなー」

「了解、ちょっとそれでいいか聞いてみるわ」

と言って電話を切った。

出先なので相手の電話番号を会社の電話番号登録アプリから電話する。

○○会社と入力し出てきたのは、会社の電話だった。

そこに電話をかけてみる。

「トゥルールルル・・・?」

「この番号じゃないのか―」

「じゃーこの携帯かなー」

電話をしてみる。

「はい、○○です。どうでしたか?」

「今すぐは空いてません。××で8時ごろ空車の車はいますが」

「ちょっと、間に合わないかもねー」

「じゃー他も当たってみてください。もしいなかったら電話ください。」

会社についてしばらくするとまた電話が鳴った。

「はい、北本です。」

「どうでしたか」

「やっぱりいません」という答えが、

「じゃーうちのトラック走らせますよ。」

「今、まだ○○で荷卸し中なので、連絡をとってすぐに向かわせます。積込場所はわかりましたから、荷卸し先と連絡先をファックス下さい。」

「わかりました。それではお願いします。」

ということで、当社のファックスのクラウド保存された書類をドライバーにメールで送ったことを伝えた。

その後先ほどの客先から電話がかかってきて、今どの辺ですかと電話があったので、位置情報を確認し、すぐに「××あたりを走っています。少し遅れるかもしれませんが、大体その時間くらいにつくと思います。」客先を待たせず、心配させないようにすぐに伝えました。

当社の取組は急な要望にもすぐに応えて、社会の役に立っています。

スピード対応、スピード応答で今後もファンを増やしていきたいと思います。


今日のネットワーク技術の利用は


  1. ネットワークカメラ

  2. ドライバー位置情報

  3. 電話番号登録アプリ

  4. ファックス書類クラウド保存

  5. メール

以上を利用しました。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

苦情共有アプリと写真共有アプリを追加

苦情があった時に全員で共有できるようにアプリを作成、苦情内容、対策を記録してドライバーがいつでも見れるようにしました。 写真をアプリからアップロードできるようにして、事故、配送時の確認、返品等に写真で対応できるように作成しました。 社員全員と共有し、必要な時はダウンロードして客先へメール送信しています。 今日利用したのデジタルトランスフォーメーションはIOTを利用、ドライバーが電話に出なかったので

aws cloud、google cloudのデータを連携して、web アプリケーションの作成

位置情報管理、事故、苦情、注意事項、車両情報、免許更新、ドライバー情報のデータをクラウドで管理、車両(速度、点検結果)管理、配送場所の管理、故障時の修理先を管理、客先管理、電話番号管理、ファックス管理、メール管理 これらのデータをアプリケーションと連携し、ドライバーに通知、ドライバーがタブレットで検索、会社からもアプリで検索、車両と配送先の距離を検索 すべてを連携し、事故、故障、無車検運行、無免許

未来の物流を体験

​​DX(デジタルトランスフォーメーション)で効率UP

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ開発、クラウドを利用して配送先、出荷伝票を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPA,IOTを活用し、物流の見える化を実現

  6. ​月極貸切トラック位置情報を顧客と共有して、配送状況を把握、効率よく、無駄なくご利用いただけます。

  7. 紙データを電子化、紛失防止、地図の保管、AIによる高速検索共有、ペーパーレス化

  8. 緊急配送(急な変更)に関して、ネットワークからドライバーの位置情報と携帯端末を活用しメール、チャットで配送場所、指示等を高速に伝達、スムーズな配送対応が可能です。

  9. ​​荷物の確認やクレーム、事故状況を携帯端末の写真で高速共有し、スムーズな対応、処理につなげます。事故に関してはチャットで写真を全員に一斉送信、同様事故が起きないように周知徹底を図ります。

  10. 顧客、ドライバーの負担軽減、残業削減小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷も軽減

  11. 私たちの行動は持続可能な開発目標、SDGsの取組につながっています。

最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。