社長のブログ

  • 社長

当社のICT緊急対応

私の携帯電話に朝6時40分くらいに電話が鳴った。

こんな時間はあまりよくない電話が多いが何があったのだろう?

と思いつつ携帯の表示を見た。

ドライバーではない。

会社の転送電話だった。

電話に出てみる。

「はい、北本です。」

すみません。ちょっと車が壊れてしまって困っています。10tユニック車空いていませんかねー」と言われました。

まだ出勤途中で、前までは情報はすべて会社についてからではないと対応できなかったが、当社のICTを利用して、すぐに車を止めて対応してみようと考えてた。

「えーと、ちょっと折り返してもいいですか?」と言って、車を安全なところまで移動させて、スマホを取り出す。

1、まず、今日の予定を事務所のカメラで確認する。すると1台急ぎでない車がいたのでそのドライバーの位置情報をスマホで確認した。もう、出発してしまっている。「遅かったか―」と思いながら、ドライバーに電話「ちょっと、○○会社の車が故障して、今すぐトラック空いてないか電話がかかってきたんだけど何時ごろ空車になるの」

「大体 8時くらいかなー」

「了解、ちょっとそれでいいか聞いてみるわ」

と言って電話を切った。

出先なので相手の電話番号を会社の電話番号登録アプリから電話する。

○○会社と入力し出てきたのは、会社の電話だった。

そこに電話をかけてみる。

「トゥルールルル・・・?」

「この番号じゃないのか―」

「じゃーこの携帯かなー」

電話をしてみる。

「はい、○○です。どうでしたか?」

「今すぐは空いてません。××で8時ごろ空車の車はいますが」

「ちょっと、間に合わないかもねー」

「じゃー他も当たってみてください。もしいなかったら電話ください。」

会社についてしばらくするとまた電話が鳴った。

「はい、北本です。」

「どうでしたか」

「やっぱりいません」という答えが、

「じゃーうちのトラック走らせますよ。」

「今、まだ○○で荷卸し中なので、連絡をとってすぐに向かわせます。積込場所はわかりましたから、荷卸し先と連絡先をファックス下さい。」

「わかりました。それではお願いします。」

ということで、当社のファックスのクラウド保存された書類をドライバーにメールで送ったことを伝えた。

その後先ほどの客先から電話がかかってきて、今どの辺ですかと電話があったので、位置情報を確認し、すぐに「××あたりを走っています。少し遅れるかもしれませんが、大体その時間くらいにつくと思います。」客先を待たせず、心配させないようにすぐに伝えました。

当社の取組は急な要望にもすぐに応えて、社会の役に立っています。

スピード対応、スピード応答で今後もファンを増やしていきたいと思います。


今日のネットワーク技術の利用は


  1. ネットワークカメラ

  2. ドライバー位置情報

  3. 電話番号登録アプリ

  4. ファックス書類クラウド保存

  5. メール

以上を利用しました。


最新記事

すべて表示

ロボットを昔から使っていた UWSC

UWSCは昔から利用していました。これも無料のアプリで当社ではボタン1つで高速道路の明細出力や、エクセルの請求書白紙ファイルを自動で作成しています。初心者はこちらからやってみてはどうでしょう。基本は趣味でやってるようなものです。 UiPathも無料でつかえる枠があるようですね。 でもクラウドを利用していろんな操作をしようとすると難しいと思います。 gasとgoogle シートやドキュメント、カレン

緊急輸送の依頼 ICT RPAを利用して対応

最近緊急依頼のブログを書くことが多くなりました。なぜならほぼ、対応しているからです。先日、10時30分ごろにトラック空いていませんかという問い合わせが、今の取り組みをしていないときは、『一度電話を切らせていただき、折り返し電話します』から始まり、そこからドライバーに電話したり、空いている車をとにかく聞きまくっていた。しかしICT RPAを使い始めてからは、位置情報を確認して、『客先には多分大丈夫だ

ICT・RPAを活用した物流革新

弊社では、ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進し、Googleのグループウェアを利用、連携して、RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化で残業、事故の削減安全管理の自動化を図っています。また、自社アプリで配送先を全員と共有顧客とも配送先や出荷予定をクラウド、自社アプリで共有しています。弊社を利用すれば緊急対応もトラック位置情報とICT,RPAを活用し、輸送の見える化を実現、最善策を考えスピーディに対応致します。到着時間をすぐに返答、Fax書類のデータを電子化し、紛失を防ぎ、地図等を保管して、客先の負担を軽減、残業を削減します。小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン