社長のブログ

  • 社長

客先から卸先の担当者電話番号変更の対応

朝、8時ごろ、電話番号変更の電話がかかりました。

位置情報の確認、

携帯に電話するがとれない。

現場と思われるところで止まっている。

緊急連絡をタブレットにて最大音量で伝えるが反応がない。

降りていると思われる。

そのまま、20分が経過したが電話が取れないので、とりあえず客先に状況を伝えた。

その後、20分ほどたってから、ドライバーから電話がありました。

すると、連絡先が変更になったことも知っていて、荷卸しも完了したことを確認しました。

客先に連絡して無事、客先も安心して終了しました。

ここで当社の位置情報、スマホ緊急連絡(携帯がマナーモードの時の対応)が、客先対応に成果を上げました。

当社の緊急連絡は、運転中になると会社の連絡を伝えるようになっています。

これが結構ありがたい。事務所でも電話を何回もかける必要がないし、ドライバーも運転してからずぐに会社へ電話してきます。

事務所の人件費の削減に利用しています。

当社では、自動化できるものはすぐに導入し、事務所の人員を増やさずに、多くのドライバーを管理する体制を確立しています。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日客先の現場でバースト事故発生、こんな時は当社はどうするか? 会社にあるスペアータイヤを私がトラックに載せて、ボルトを緩める工具をもって緊急出動です。車両位置を当社のデジタル技術で取得して、スマホナビで最短時間で到着、脱着1時間で完了トータル2時間くらいで終了しました。 その日の午後に車が故障、積み替えが必要です。一番近い、仕事が終わっている車両をさがして急行、1時間で積み替え対応完了です。 2