top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

客先からファックスが届いて配送先をメールで送るまでの時間を計る。

更新日:2020年8月12日

いままでファックスを着てから場所を探すのに10分から15分かかっていたものが、アプリの検索機能で、約5分に短縮、尚且つ、地図で場所がわかったらその地図の位置をクリックして、会社名と現場名 注意事項をいてれすぐに登録して、ドライバーにメール送信するまで約10分、その後ドライバーから開封メールが来るまで約10分、ドライバーはナビが起動しているのでメールチェック5分で現地に向かいます。ドライバーがメールをひらいてからの時間が短縮しました。メールを送るまでの間は大体の方向を伝えて走行してもらうことで、待機時間を短縮、ドライバーは10分しか場所を確認するのに時間がかからないことになります。今まで時間が20分から30分かかっていた配送場所の確認が減って効率アップ、1回の伝達に20分の短縮、1日30分の短縮ができれば、1週間6日間で180分3時間の短縮になります。3時間あれば1回仕事ができますよね。1月で4回多く仕事ができれば効率アップ、客先の待ち時間も短縮され、客先からも喜ばれ、残業が減りいいことばかり、苦情も減って喜ばれています。急な対応も位置情報で確認して「できる方法を考える。」そんな会社です。場所がわかるとあなたの知らない便利なことがいろいろあるんです。残業が減って給料がかわらないならドライバーも大喜び、会社への不満も減り、客先の対応もしっかりできます。当社を利用してみませんか?

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私が自力で作成した位置情報取得モジュールとgoogle cloudを活用した動態管理

最近動態管理等の商品がよく出ています。実は10年前から自力でGPSモジュールを作成し、その信号をgoogle cloudに記録できないか勉強してきました。その結果7年ほど前から自社の位置情報システムを利用しています。自社でやるといろんなことができる。なぜか?それは、GPS衛星からの返された信号をすべて取得、位置、時間、海抜、進行方向、速度等です。これがすべて会社で取得できたら、凄いでしょう。この信

Comments


bottom of page