社長のブログ

  • 社長

客先からファックスが届いて配送先をメールで送るまでの時間を計る。

最終更新: 8月12日

いままでファックスを着てから場所を探すのに10分から15分かかっていたものが、アプリの検索機能で、約5分に短縮、尚且つ、地図で場所がわかったらその地図の位置をクリックして、会社名と現場名 注意事項をいてれすぐに登録して、ドライバーにメール送信するまで約10分、その後ドライバーから開封メールが来るまで約10分、ドライバーはナビが起動しているのでメールチェック5分で現地に向かいます。ドライバーがメールをひらいてからの時間が短縮しました。メールを送るまでの間は大体の方向を伝えて走行してもらうことで、待機時間を短縮ドライバーは10分しか場所を確認するのに時間がかからないことになります。今まで時間が20分から30分かかっていた配送場所の確認が減って効率アップ、1回の伝達に20分の短縮、1日30分の短縮ができれば、1週間6日間で180分3時間の短縮になります。3時間あれば1回仕事ができますよね。1月で4回多く仕事ができれば効率アップ、客先の待ち時間も短縮され、客先からも喜ばれ、残業が減りいいことばかり、苦情も減って喜ばれています。急な対応も位置情報で確認して「できる方法を考える。」そんな会社です。場所がわかるとあなたの知らない便利なことがいろいろあるんです。残業が減って給料がかわらないならドライバーも大喜び、会社への不満も減り、客先の対応もしっかりできます。当社を利用してみませんか?

最新記事

すべて表示

敦賀でパンク10t車当社のICTで対応40分で修理完了

今日、敦賀でパンクしました。1時30分着で現場に入った途端パンクの電話が、「社長タイヤパンクしました。」こんな時は慌てません。ドライバーの位置情報を確認し、周辺のタイヤ屋さんを当社のウェブアプリで検索、すると10件のタイヤ屋さんが出てきたので一番近いタイヤ屋さんに電話してみると「うちは現金受け付けていませんと言われました。」でも近くのタイヤ屋さんを教えてもらえたので、そこに電話してアポ取り成功、ド

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、連携

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ、クラウドを利用して配送先を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPAを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AI検索、共有、ペーパーレス化

  7. 客先の負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷を軽減、最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

ICT・RPAを活用した物流革新

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン