社長のブログ

  • 社長

受注入力アプリを作成してみた


パソコンから受注を入力して社内で共有するアプリを作成してみた。できる限り手入力を削減して誤字脱字を減らす。また、入力の速度を速めて、瞬時にどんな仕事が入ったかわかる。また、選択リストは増やしたり、減らしたりできるので一度入れたら入力が楽になる。

これをspreadsheetに代入し、それを自動プログラムがソートしてくれる。これで受注を効率化していきます。

作成は約1週間でした。

それを使い、シートにドライバーの名前を入力したら自動で仕事内容をそのドライバーメール送信すると便利かも、あらかじめドライバーに仕事内容を伝えられる。

いろいろ応用ができそうです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドライバーから朝、まだお客さんが来ないという連絡をDXで対応

当社のDXでドライバーの位置を確認すると何かおかしい。違う場所にいる事がわかった。ドライバーに電話して「今違う所にいる見たいなので、場所をメールで送ります。」と伝えすぐにメールしてその場所へドライバーが移動したことを確認。客先からの苦情もなく、その後のドライバーからの電話もなく、仕事も全てこなせて問題なく終わりました。 当社のDX(デジタルトランスフォーメーション)で苦情を減らし、ドライバーをアシ

ドライバーから電話あり前に行ったことある配送先を忘れた。

こんな時、北本運輸はどうするのでしょうか?位置情報の出番です。時間も17時を回っているので、暗くなっていて見えません。ドライバーに『もう少し北のほうに進んだところにあります。』と伝えました。するとどうやらわかったようで間に合いました。県外に行ってわからなくなった時も安心です。当社ではドライバーに伝える武器を持っています。 別件でドライバーから『マーカーランプが消えてしまった』という電話がかかった。