社長のブログ

  • 社長

一日の売上を算出するプログラムを使うようになってから気持ちが変わった

とりあえず仕事は全て受けるを基本に考えるようになった。私の仕事は請求書の金額入力、一日の売上算出、配車、車両管理 、 安全講習を全てこなします。大変ですが当社では、rpaなどITを活用して管理、効率化を図っているので、一日の売上算出は10分程度です。速くないですか?

忙しくても会社内の雰囲気は絶好調、それはITのおかげて余裕があるためです。

その売り上げをグラフ化して、見やすくしました。

でもこれだけではDXで売り上げは伸びないでしょう。

客先にアピールできるDXが必要です。

GPSの活用はずっとやっていますがそれだけではまだサービス不足でしょう。

appsheetを知っていますか?ノーコードアプリ プログラムなしで動くアプリです。

とは言ってもそれなりに学習は必要ですが、関数の組み込みでほとんど動いてくれます。

これを利用して在庫管理等をアプリに変えてみたいと考えています。


今、当社ではこのappsheetを利用したアプリを5本くらい利用しています。


1つ目は車両と乗務員を管理するアプリ これは、車検や免許証更新、故障等をRPAが自動通知、各車両の燃費も共有グラフ化して燃費向上に役立てています。1月に1度燃費結果をメールで送信、評価をしています。


2つ目は写真を撮って共有するアプリこれは、客先のファックス、事故の写真等を保存して全員で共有し、必要な時に開いてみています。


3つ目は配送場所の共有アプリです。これは、客先ごとに配送先の位置情報注意事項担当者と連絡先を保存して、全員で共有しています。追加すると自動でメール送信され、スマホにも通知しています。

4つ目は客先との配送共有アプリです。2か月間の配送予定をスマホに表示行先ごとに配送数量を確認できます。その中には配送先の位置情報や、連絡先や担当者が入力されていて、専属車両の位置情報も客先と共有しています。注意事項等も記載されていて、重要事項は色をかえて表示、間違えがないようにしています。このアプリを利用して2年間、配送間違いは1度もありません。

5つ目は連絡アプリです。事故や緊急連絡があるときに、全員に通知します。写真と通知、そしてメールでお知らせ

6つ目は受注表管理アプリです。ドライバーごとに当日、次の日の仕事内容をアプリに表示管理者は全員の内容が見ることができるアプリです。


これらすべてを活用してスムーズに配送、DXを最大限に活用している会社です。

閲覧数:2回0件のコメント