社長のブログ

  • 社長

ペーパーレスの推進

顧客とデータを共有していますが、その配送データをファックスしてもらっています。そのファックスをなくそうと今考えています。顧客が入力した前日までのデータを次の日の朝3時くらいに、RPA(プログラムロボット)で自動PDF化して、顧客と会社および、配送ドライバーに直接メールすることで、顧客の時間を削減、ファックス経費の削減、ペーパーレス、最終的に配送日の朝、ドライバーがPDFをプリントアウトして配送伝票を出力し、持っていくという流れです。もちろんプログラムは私が自分で作成し、顧客に提案するつもりです。今実験中で、毎日、それが確実に動いているかテストしています。とりあえず、2回ぐらいは修正しましたが、今日は、ちゃんとPDFでメールが送られてきました。顧客が作成する時間、紙、ファック料金、最終的に、当社の出力する紙1枚でOKということになります。新しい取組をアピールして新規顧客をゲットしていきたいと考えています。これと同じ原理で動いているのが、当社の見積RPAです。ちょっとプロセスは違いますが、データを入力してもらって、その処理をした後にPDFで送信することは同じです。

1、顧客の経費削減

2、残業削減

3、ペーパーレスで環境にやさしい

こんな運送会社あったらいいなー

に近づいてきました。

完成しましたら、写真もアップしていきます。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メール添付ファイル自動印刷と返信

outlookの設定で添付ファイルの印刷はできましたが、間違えて印刷に失敗した場合もう一度印刷される場合があり、紙の無駄がでましたので、あきらめました。 メールの添付ファイルの印刷を忘れないために、メールの件数を取得して件数をしゃべらせることにしました。これで印刷忘れをなくします。 自動返信とメール件数の通知をRPAで自動にしました。

メール添付ファイルの自動印刷

メールを受信したら相手先がある特定の会社の場合 添付ファイルを自動で印刷して 確認メールを返信する ができたら1日に20分ぐらいは人件費が削減できるかも メール添付ファイルの自動印刷ができないか挑戦中 いくつかを組み合わせてやりたいと思います。 できれば、印刷した後に自動で確認メールを送信できれば最高です。 使うもの power automate desktop uwsc この2つを利用して自動化

未来の物流を体験

​​DX(デジタルトランスフォーメーション)で効率UP

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ開発、クラウドを利用して配送先、出荷伝票を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPA,IOTを活用し、物流の見える化を実現

  6. 紙データを電子化、紛失防止、地図の保管、AIによる高速検索共有、ペーパーレス化

  7. 緊急配送(急な変更)に関して、ネットワークからドライバーの位置情報と携帯端末を活用しメール、チャットで配送場所、指示等を高速に伝達、スムーズな配送対応が可能です。

  8. 顧客、ドライバーの負担軽減、残業削減小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷も軽減

  9. 私たちの行動は持続可能な開発目標、SDGsの取組につながっています。

最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。