top of page

社長のブログ

  • 執筆者の写真社長

トラックが動き出したら知らせてくれるRPA

当社ではドライバーと連絡が取れないときにRPAを活用しています。

RPAに車が動いたら教えてねと指示をしておくと、ドライバーには緊急連絡を音声で伝達してくれます。また事務所でも動き出しましたと連絡が来ます。ロボットが教えてくれると助かりますね。これで、連絡ミスも減って、指示がスムーズです。連絡を取る手間もはぶけて、人件費も削減、当社の50種類以上のロボットのうちの1つです。

RPAってエクセルの文字を転記するだけではありません。アイデア次第でいろんなロボットをつくれます。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当社の最新DXについて事務処理とドライバーのwebアプリとスマホアプリ約100以上が毎日稼働中

GPSで位置情報を取得、車両の動き出しを検知して自動通知 その日ごとの配車依頼をパソコンに入力すると客先ごとに自動振り分けされ、距離を入力すると単価が自動入力できる。 1日ごとの売上げを日付入力するだけで自動出力している。 AIによるファックスの検索 車検や免許証の更新を自動通知 車両とドライバーを一括管理共有している 客先からのメールに対して、自動返信をしている。 google drive内の書

ノーコードアプリを活用した物流DX

当社はgoogleのappsheetおよびgoogle app script を活用したDXを自社開発で導入し客先からの配送予定をオンラインで共有してます。ロボットによる自動メール配信、これはトリガーで状態が変化したときにその状態をロボットが気づいてメールを送信してくれます。配送日に荷卸し先の色を変えたり、運搬費を表示したり、1月分の運搬費を合計して表示することもできます。グラフの利用や、金額を見

Comments


bottom of page