社長のブログ

  • 社長

トラックが動き出したら知らせてくれるRPA

当社ではドライバーと連絡が取れないときにRPAを活用しています。

RPAに車が動いたら教えてねと指示をしておくと、ドライバーには緊急連絡を音声で伝達してくれます。また事務所でも動き出しましたと連絡が来ます。ロボットが教えてくれると助かりますね。これで、連絡ミスも減って、指示がスムーズです。連絡を取る手間もはぶけて、人件費も削減、当社の50種類以上のロボットのうちの1つです。

RPAってエクセルの文字を転記するだけではありません。アイデア次第でいろんなロボットをつくれます。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

受注アプリで入力した配車予定をアプリ化

今、受注日時から日付別に配車予定を分割し、その分割した予定をドライバーが自分の仕事だけを見るれるアプリを作成中、できればドライバーに渡す、紙の指示書等を無くしたい。 できたら、紹介します。

朝の私のルーティーン

朝はAmazonのAIスピーカーAlexaに起こされます。6:00にセットしてあって、私の名前を呼んでくれて起きてくださいと言ってくれます。同時に照明が点灯し、今日の天気予報を喋りだします。それが終わったら、サザンの曲が鳴り出し、目を覚まします。朝の起床もロボットで自動化しています。会社においても、玄関照明を日の出、日の入でオンオフを自動化してあり、節電に一役かってます。あとは、Alexa、会社の