社長のブログ

  • 社長

クレーン事故対策について

アウトリガー 両側張り出し、ブーム角度、ブーム段数、クレーンについた吊り荷限界荷重、吊り荷を微速モードで巻き上げた時の荷重計を確認して、荷物を吊り上げます。

ブームを起こして起きないときは絶対に吊らないように言ってます。起きないものを吊り上げようとすると、ブームが折れる場合が多いからです。

 次に玉掛の確認です。ワイヤーがきっちりかかっているかどうか?外れて落ちないか?ワイヤーは切れかけていないか?確認が必要です。玉掛ワイヤーは10パーセント以上切断されている場合、使用してはいけません。また、キンクや、腐食のひどいものは使用しないほうが良いと思います。

 特に当社では、鉄板等を吊ることが多いので、主ワイヤーは重要です。キンクや、亀裂がないか点検する必要があります。あとは、吊り具の点検です。外れ止めが壊れていると、鉄板が落ちる可能性があります。よくあるのが鉄板の下敷きなって死亡する事故です。

 危険と隣り合わせの仕事なので注意が必要です。

講習会は4か月に1度くらい実施するようにしています。

 これからも安全作業、安全運転で頑張りたいと思います。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

タイヤ交換完了

昨日、タイヤ交換が完了しました。 来週から雪マークなので、最後の3台を一気に交換。 安心して、仕事ができます。 タイヤチェーンも、準備できました。 仕事のご依頼をお待ちしています。

RPAを活用するきっかけ

とにかく忙しい毎日でした。1日の仕事は、朝、ドライバーに注意事項を伝達し、点呼、電子マニフェストの入力、メールチェックと印刷、ドライバーの場所がわからなくて事務所から電話、客先からもまだついていませんという問い合わせ、ドライバーからの配送先の場所を電話で伝達、その中で事故が発生したときは、発生場所の特定や、連絡、現地への到着までに時間がかかっていました。また、冬場になるとタイヤ交換で足腰がふらふら

ICT・RPAを活用した物流革新

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携、共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ、クラウドを利用して配送先を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPAを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AI検索、共有、ペーパーレス化

  7. 客先の負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷を軽減、最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン