社長のブログ

  • 社長

クレーン事故対策について

アウトリガー 両側張り出し、ブーム角度、ブーム段数、クレーンについた吊り荷限界荷重、吊り荷を微速モードで巻き上げた時の荷重計を確認して、荷物を吊り上げます。

ブームを起こして起きないときは絶対に吊らないように言ってます。起きないものを吊り上げようとすると、ブームが折れる場合が多いからです。

 次に玉掛の確認です。ワイヤーがきっちりかかっているかどうか?外れて落ちないか?ワイヤーは切れかけていないか?確認が必要です。玉掛ワイヤーは10パーセント以上切断されている場合、使用してはいけません。また、キンクや、腐食のひどいものは使用しないほうが良いと思います。

 特に当社では、鉄板等を吊ることが多いので、主ワイヤーは重要です。キンクや、亀裂がないか点検する必要があります。あとは、吊り具の点検です。外れ止めが壊れていると、鉄板が落ちる可能性があります。よくあるのが鉄板の下敷きなって死亡する事故です。

 危険と隣り合わせの仕事なので注意が必要です。

講習会は4か月に1度くらい実施するようにしています。

 これからも安全作業、安全運転で頑張りたいと思います。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

ペーパーレスの推進

顧客とデータを共有していますが、その配送データをファックスしてもらっています。そのファックスをなくそうと今考えています。顧客が入力した前日までのデータを次の日の朝3時くらいに、RPA(プログラムロボット)で自動PDF化して、顧客と会社および、配送ドライバーに直接メールすることで、顧客の時間を削減、ファックス経費の削減、ペーパーレス、最終的に配送日の朝、ドライバーがPDFをプリントアウトして配送伝票

敦賀でパンク10t車当社のICTで対応40分で修理完了

今日、敦賀でパンクしました。1時30分着で現場に入った途端パンクの電話が、「社長タイヤパンクしました。」こんな時は慌てません。ドライバーの位置情報を確認し、周辺のタイヤ屋さんを当社のウェブアプリで検索、すると10件のタイヤ屋さんが出てきたので一番近いタイヤ屋さんに電話してみると「うちは現金受け付けていませんと言われました。」でも近くのタイヤ屋さんを教えてもらえたので、そこに電話してアポ取り成功、ド

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、連携

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ、クラウドを利用して配送先を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPAを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AI検索、共有、ペーパーレス化

  7. 客先の負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷を軽減、最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

ICT・RPAを活用した物流革新

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン