社長のブログ

  • 社長

アフリカでトラック運転手、商品、トラックで商品を運んでほしい企業がアプリでつながっているそうです。

日本もそのような企業はたくさんあると思いますが、安全一つとっても、

  1. 交通安全では、事故、故障

  2. 商品の安全輸送では、急ブレーキや急ハンドル、荷締め不足、シート掛けによる汚損や破損

  3. 積卸における安全作業、フォークリフト作業、ユニック作業、玉掛作業ミスによる破損等


その商品によって大きさ、幅、注意する点が異なります。

本当の安全輸送は、いつもその商品を運んでいて、客先の積卸場所における注意事項、商品における注意事項、積卸における運搬器具や、道具等も理解したうえで荷物を受けて、輸送することが大事です。

 自社の顧客についても、輸送時の注意を打ち合わせをしたうえで、車両、人材、注意事項を教育し、車両の点検、もし故障や事故が起きた時の修理先の位置情報をアプリで共有し、尚且つ、スピード管理や、急な変更も独自の方法でドライバーに伝達しています。

 これがすべて対応できた上で、このアプリがあれば最高ですが、ただアプリで繋いだだけのサービスは、安全面で少し注意が必要だと思います。どのようなドライバーが、どんな車両で、どのようにして輸送をしているのかが、一番心配するところではないでしょうか?

 何より、安全優先で、できる限り自社の教育されたドライバーで、自社の携帯端末による安全管理をしながら、安全輸送をしています。

 当社も何もないことはありません。他社と同じようにパンクや、故障はあります。あとは対応のみ、ドライバーからの事故、故障の一報でまず、位置確認をします。先日も高速走行によるバーストがあり、位置確認をして一番近いタイヤ修理がしてもらえるタイヤ店を電話で確認し、ドライバーに遠隔操作で地図を送付、たまたま、後輪2軸目で走行できたため約10分で到着、約30分で修理完了しました。

 その前にも、パンクで朝6時ということもありました。これも私のスマートフォンで位置確認し、おおよその到達時間を確認し、この場合時間も時間なので、自分で行くことにしました。私の車の後ろにはいつも、タイヤ修理の道具をのせてあるので、いざというときは、私が走ることも、この案件も到着時間に間に合い、問題ありませんでした。

 このように、安全輸送、安全管理、スピード解決、即対応、即修理、遅延を減らしています。


0回の閲覧0件のコメント

未来の物流を体験

​​DX(デジタルトランスフォーメーション)

  1. ICT(情報伝達技術)による働き方改革を推進

  2. Googleのグループウェアを利用、アプリケーションの連携共有

  3. RPA(ロボットで自動化)を使った輸送効率化

  4. 自社アプリ開発、クラウドを利用して配送先、出荷伝票を顧客とも共有

  5. トラック位置情報とICT,RPA,IOTを活用し、物流の見える化を実現

  6. Fax書類のデータを電子化、紛失防止、地図の保管、AIによる高速検索共有、ペーパーレス化

  7. 当社の強みは緊急配送(急な変更)に関して、ネットワークからドライバーの位置情報と携帯端末を活用しメール、チャットで配送場所、指示等を高速に伝達、スムーズな配送対応が可能です。

  8. 顧客、ドライバーの負担軽減、残業削減
    小さな積み重ねが大きな経費と時間の節約です。体感してみませんか?先進的な取り組みで若手乗務員も増加中、安定した輸送を提供します。また、これらの取組が総合的にすべての環境負荷も軽減

最新のテクノロジーで未来を創造する物流企業です。

©2019 by 北本運輸株式会社

石川県白山市竹松町329

TEL  076-276-1653

​代表取締役 北本祐一

Gマーク
エコアクション21石川県白山市の運送会社で、産廃事業としてエコアクションを取得しました。
  • Twitter
  • Facebookの社会的なアイコン